2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

有用性の高い海外規格の高出力レーザーポインター

近年、たまにレーザーを使用したイタズラが日本のニュースで取り上げられていますね。
日本国内では出力1mW未満のレーザーポインターしか販売できないという
規制がありますが、アメリカやヨーロッパ、アジアの多くの地域で
1mW以上の高出力レーザーポインターは求められており、その有用性ゆえに人気があります。

尚、日本では1mW未満のものだけしか販売されていないため、
1mW以上のレーザーポインターはとにかく危険だという偏った情報もあるようですが
あえて不適切な使い方をすればもちろん危険はあります。

しかし、それはハサミやカッターの使用方法と同じであり
「有用なものも不適切な使い方をすれば危険性もある」という話なのです。
ハサミやカッターを危険だからと言って、プラスチックのハサミやカッターに
すべて変更することが果たしてよいことなのでしょうか。
よい点もありますし、当然失う利点は大きいですね。

また、日本規格ではない1mW以上の高出力レーザーポインターを
インターネット上で販売すること自体が違法だという誤った認識があるようです。
違法なのは、日本の事業者が日本で販売することですので
中国の事業者である当店や数多くある海外のレーザー販売事業者は、
日本の規格とは関係なく合法的に有用な製品を販売しているにすぎません。
もちろん日本の個人ユーザーや法人が海外の事業者やネットショップから
買うことはなんら問題ではなく、通常のネットショッピングと同じです。


現在、日本では販売されていない1mW以上のレーザーポインターは
様々な場面でとても役に立ちますが、下記のようなところで重宝されています。


・子供たちや地元住民のための星空観望会。

・工場や工事現場で数十メートル離れたところをわかりやすく指し示すとき。

・登山での仲間への指示、遭難時の緊急信号として。

・日本仕様の1mW未満では役不足のときのプレゼンで。

・カラスなどを追い払うために。

・各種実験や研究

・チンダル現象の再現

などなど、挙げればきりがありませんが、
当店でも驚くくらいその他色々な有用な使い方があるようです。


プレゼンについてですが、日本仕様のものは出力が1mWと規格で
決められてしまっているので、プレゼンをする場所が少し明るいと役に立たない場合があります。
せっかくのグリーンレーザーポインターも1mW未満ではなかなか使い道が限定される上に
場所を暗めに調節する必要がありますし、視聴者をあまり遠くに配置することはできません。

その点、アメリカやヨーロッパ、アジアで販売されているレーザーポインターは
1mW以上のものが数多くあり、幅広い種類から選べます。
その中でも当店販売のものは価格と品質面の
バランスのとれた製品を選び抜いて販売しています。

例えばまだ日本では販売すらされていないブルーレーザーポインター。
当店ではプレゼンにも使える明るい波長の5mWレーザーポインターも販売しています。
このブルーの5mWは、視覚的にはグリーンの1mW未満と同等か
私個人的には若干明るいくらいに感じます。

今お使いの1mW未満の緑色レーザーポインターと同じくらいの明るさで
見やすくきれいなブルーレーザーでプレゼンができるのです。
これはもうライバルに差をつけられるのは当然のこと
視聴者にも新鮮な驚きを与えられ勝つプレゼンに一歩も二歩も近づけますね。
スポンサーサイト

| その他お知らせ | 14:02 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。